開けきれない箱

メンサな暇人が様々な物事に関しての意見・考察を書きます。

本を読むということ

本を読む人は頭がいいとよくいうがそれはなぜだろうか。本を読むことに意味があるのか、本を読みたいという意欲に意味があるのか、読んだ本の内容に意味があるのか。たぶんはっきりは分かっていないと思うから、自分の考えを書かせてもらう。

人は近くにいる人に影響されるというが、それは読んだ本にも同じことだと思う。今まで読んだ全ての本を覚えてる人はほとんどいない(0とは言っていない)が蓄積はされると思う。世間一般の頭の良さは記憶力だと思う。学校の勉強も記憶力が良かったらまたは記憶の宮殿をうまく活用できていたとしたら大学卒業ほどの学力(笑)は得られるだろうと思う。僕が思う頭の良さ←人間としてではないが(意味がわからないなら無視してほしい)はクロックとグレインサイズで決まる。つまり考える時の早さと一瞬あたりの考えられる量である。それと同等くらい重要なのが指向性である。僕は本を読むことによって指向性が高められると思っている。森博嗣の作品の中にもあるが、いかに沢山の考えをトレースできるかが指向性を高めると考えている。真賀田四季も言っていたが、犀川創平は指向性が優れているらしい(犀川創平は自分の中に沢山の自分がいる)。詳しいことは後で書こうと思う。ではでは