開けきれない箱

現役メンサ会員が様々な物事に関しての意見・考察を書きます。

自分より頭がいいと思うこと

   ふと思ったことだが、この人は自分よりも頭がいいと思うことがあると思う。←思うって使いすぎたと思う 私がこれまで思った人物は、森博嗣西尾維新野田洋次郎、、、まあぱっと思いつくのはこれくらいか、身近にいるひとではあんまり思ったことない。そこまで詳しくないのか、自分とあまり変わらないくらいでは気づかないのかもしれない。さっき述べた例の方が知らないと突っ込まないでほしい。

   話は変わるけれど森博嗣真賀田四季という天才を創造したが、天才を創造することは天才にしかできないわけではないと森博嗣が書いた本にあった気がする。インタビュ←森博嗣風(あってるかわからん)かもしれない。天才とはクロックとグレインサイズであると書いた、、気がするがクロックの問題は無いに等しい。何故なら時間をかけて書けばいいだけ(小説の場合)だからだ。グレインサイズも時間が解決すると考えている。何故なら能力はクロックとグレインサイズの掛け算のようなもの←シンプルな掛け算でも要素はそれだけじゃ無いと思う人もいると思うが。だからだ。つまり書く人のグレインサイズによって必要な時間は変わるだろうがクロックを上げていけば(時間をかければ)天才に近づけるからだ。とまぁ思ったことをズラズラと書いてしまった。ではでは