開けきれない箱

現役メンサ会員が様々な物事に関しての意見・考察を書きます。

他人をトレースするということ

   人をトレースするという事を聞いたことまたは見たこと読んだことがあるだろうか。私が知っている限りでは、森博嗣の作品中や海外ドラマのシャーロックで見たことがある。森博嗣の作品中では、他人の考え方を深く理解するような意味で使われており、シャーロックではシャーロックホームズが自分の頭の中で、他人と話をする←私はそれをホームズが他人をトレースしたと捉えた  といった形で登場していた。私の話ではあるが、私は知らないうちに他人との会話を想像するという癖がついていたので、それもトレースしたということに入ると思う。

   さて、他人をトレースするということにどんな意味があるのだろうか。

   1つは、様々な考え方を得られるということがある←もしかしたら気づかないうちにそれを自分の考えとしてしまっているかもしれないが   。ある問題に対して、主観以外の角度から(それを客観的というかもしれない)考えれるというのは大きな利点である。

   2つ目は(個人的ないけんではあるが)会話を想像することによって、話す準備ができるということがある。例えば仕事でミスをしてしまった時、上司をトレースしておけば、なんて言われるかを想定することができ、それに対してなんで返答するかを前もって考えるのとができる。つまり、実際怒られるときにあたふたしなくて済むのである。

   追加で書いておくが、私はよく本やアニメ、ドラマに出てくる人をトレースしている。ではでは