開けきれない箱

現役メンサ会員が様々な物事に関しての意見・考察を書きます。

死について思うこと

   多分、中学生の頃だったと思うが一度死について考えた時期があった。きっかけは分からない。それ以来たびたび考え出すのだ『自分はいつか死ぬ』と。そして、死んだらどうなるのだろうかと想像するのだ。その度に死ぬことが死ぬほど怖くなる。こんなことをしていていいのか考える。そんな時は布団に入っていた時であっても、自分が死ぬ前にしておきたいことを突然しだすのだ。←今まで億劫で出来ていなかったことを   そんな瞬間が常であったらどんな素晴らしい人生で、どんな疲れる人生であったであろうか。想像するだけで疲れる。

   こんなことを書くのは読むようではないかもしれないが、、、ではでは