開けきれない箱

現役メンサ会員が様々な物事に関しての意見・考察を書きます。

映像という文化

   今の世の中は映像で溢れている。映像で多くの収入を得ている人もおり、誰でも映像を発信できる時代だ。Youtuberがいい例えだ。その多くは広告収入である、、多分。

   なぜこんなにも映像が利用されているのか?考えてみよう。映像は手軽で面白い、どんな場所にあるものでも近くで見ることができ、夢をも描くことができる、いわば理想が詰まっている世界であるのだ。アニメ、ドラマ、映画、自主制作の映像、これらが日々創造され、生み出されている。

   では、これからのことを考えてみよう。まずしばらくの間もっと映像が増えていくだろう。家の壁が映像になり、眼鏡で映像がみれるようになり、車のフロントガラスでも映像がみれ、周りのものが映像化し、情報がそこらじゅうを飛び回っていく。現実に存在するものが減っていき、それと同時に現実に存在するものの価値が上がって、貴重なものになっていくだろう。

   つまり、映像の方が合理的であるのだ、今のところは。ではでは