開けきれない箱

現役メンサ会員が様々な物事に関しての意見・考察を書きます。

フォトリーディングとセレンディピティは真反対

   皆さんはフォトリーディングというのを知っているだろうか。たしか1ページ1秒で読めるというのがキャッチフレーズだった気がする。簡単に言うとほんとうに読みたいとこだけど読むです。前に書いた、1冊の本のうち必要な情報は8〜11%←数値違ってたらごめんなさい   だけと言うのと似ている。また、セレンディピティとは偶然の幸福である。予期しなかった発見の時によく言われる。

   つまり、フォトリーディングとは自分の知りたいこと、セレンディピティは本人が知りたいことだと思わなかったこと(予期しなかったことに起こるため)、これらは交わらないのである。ではでは