開けきれない箱

現役メンサ会員が様々な物事に関しての意見・考察を書きます。

人類生命としての寿命(落合陽一の考え方を勝手に解釈)

 落合陽一さんは睡眠時間が短く、生命を燃やすように生きていることで有名だが、そこには『世代交代』という言葉が隠れてる。

スポーツ選手は選手生命が短いと言われているが、私たち人類としての生命は特に意識されていないことが問題である。確かに年齢を重ねても認知機能が20代並みのスーパーエイジャーなども確認されているが、人類生命としてのピークは10代から40代ほどであろう。

つまり、10代から40代の人達はその才能を発揮すべき消費物であり、世代交代が繰り返し行われていることが、人類にとって重要であるという考えだ。

今一度考えてるべき考えだろう。

ではでは